友引、うしの日に葬儀をしない理由

葬儀日程を決めるにあたってよく耳にする

友引、うしの日。

どうして友引、うしの日に葬儀を行わないのか。

様々な説があるようですが

一般的に友引は

「友を引く=故人が冥土へ友を引っ張っていってしまう」

うしの日は

「49日かけて旅をして仏様になる→牛歩と言われるように牛は歩みが遅いので49日かけても旅が終わらず49日経っても仏様になれない」

このような風習のような考え方のようです。

 

49日待たずして、亡くなればすぐ仏様になるとされている宗派においては

うしの日は気にしないように、もちろん宗派や地域によって考え方は違います

 

このような理由によって、火葬・葬儀を行わない日とされているようです。