秋田の通夜・葬儀

一般的な通夜というと、故人を偲ぶ儀として一般会葬者様が弔問に見えられるメインたる儀式であるとお考えの方は多いでしょう。

ところが、秋田県南地域では通夜の風習は無く、葬儀前日に近親者やご近所の方のみでご自宅にて行う納棺というものが通夜替わりとなります。

そして葬儀当日は、出棺→火葬→葬儀という流れで執り行われます。こちらの秋田県南地域ではメインは葬儀です。一般会葬者様は葬儀に参列致します。

最近では葬儀には参列せず、火葬に参列する方が増えてきている様にも思います。

また生花盛籠等の御供物は、こちらの地域では葬儀式場に飾らせて頂き葬儀後ご自宅の祭壇へ移動し仏送りまで飾ることになります。

通夜がメインたる地域では通夜式場へ飾るということです。

通夜また葬儀に対しての文化や風習は地域によって異なるということを覚えて頂けたらと思います。