御霊前と御仏前

香典をあげるときに表書きは御霊前?御仏前?

一般的に仏教の場合であれば四十九日までは御霊前、四十九日以降は御仏前と覚えていただければ良いと思います。四十九日という日をもって、霊である旅を終えられ、仏となるという考えた方によるものです。

しかし同じ仏教であっても、霊の存在がないと考えている宗派があります。
それらは、浄土真宗、日蓮正宗でこれらの宗派の考えでは人は亡くなればすぐ仏様となるとされているので、これらの宗派では通夜や告別式など、四十九日前であっても御仏前となります。

宗派がわからない時や考え方がわからない時などは、仏教であれば宗派問わず「御香典」と書くのが無難でしょう。

また神道式であれば「御玉串料」や「御霊前」が一般的で、その他にも「御榊料」「御神饌料」「御神前」「御野菜料」など様々な書き方があるようです。

御香典を包む際の表書きの一助となればと思います。