棺に入れるもの

秋田県南の曹洞宗派の納棺の際、生のお米と小豆を頭陀袋という袋に納棺に参加された方皆さんで一掴みずつ入れるという風習があります。

曹洞宗では亡くなった方は49日かけて旅をしその旅を終えることで霊から仏になるというもので、その旅の間の食料として故人に持たせてあげるという意味があります。また、49日の間に三途の川を渡る際に川の渡し賃としてお金が必要になりますので六文銭という小銭を持たせてあげます。

以前は10円硬貨や100円硬貨など御棺に入れて火葬し、焼けた硬貨を親族家族がお守りとするという風習もありました。最近では基本的に燃えないものは御棺に入れない様になってきている為、紙に金額を手書きしたものを紙幣に見立て硬貨の代わりに入れてあげるようになりました。

また故人の使っていたメガネや入れ歯なども燃えないものである為、棺には入れずにお骨を納骨する際に一緒にお墓に入れてあげます。

宗派や菩提寺の考え方などにより、棺の中に物を入れてはいけない場合もありますのでその宗派や菩提寺の考えに見合った供養をしましょう。